特殊清掃の実態

賃貸物件では原状回復を求められます

特殊清掃という言葉をご存じでしょうか。孤独死、自殺、殺人現場などとなってしまった部屋の清掃をすることです。故人のご遺体の発見までに時間が経過している場合などは特に専門技術が必要になります。 ご家族は突然のことで動揺され、何から手をつけたらいいのかわからなくなるようです。しかし現場が賃貸物件の場合は速やかに原状回復をして明け渡す必要がでてきます。又、事件性がなかったとしても家主に報告しなければならないでしょう。原状回復できなけらば損害賠償請求を起こされるケースもあります。 ご遺族が清掃と家主との交渉を行うことは大変むずかしいでしょう。やはりこういったケースの場合は特殊清掃を専門にする業者に依頼するほうが賢明でしょう。

特殊清掃で原状回復できるのでしょうか

特殊清掃が必要な住居の場合は、発見までに時間がかかっていることが多く室内には血痕、体液、汚物が残っています。それらが床に染み込んでいることもあります。害虫が発生したり異臭がたちこめていることも多々あります。 特殊清掃業者では室内の徹底清掃を行い家財道具の撤去をした後、消臭消毒除菌をします。そして最後に害虫駆除までの一貫した作業を行います。ここまで行うことで原状回復ができるのです。 作業を進める中で家主への説明も特殊清掃業者が行うことでトラブルを防ぐことができるでしょう。場合によっては弁護士などの紹介も行っているようです。 特殊清掃が必要になるのは突然のことで業者選びもままならないことだと思います。業者を選ぶ際のポイントとして施行例の豊富な業者かどうかを確認するといいでしょう。ホームページに掲載されています。そして消臭技術が優れていること、アフターフォローしてくれることも重要なポイントです。